人気ブログランキング |
ブログトップ

愛と情けの日々

カテゴリ:ワイン( 74 )

「ジュ・ド・レザン(グレープ・ジュース)ガゼイフィエ(炭酸ガス)」

a0197624_2052922.jpg


                         「お父さん、どんな意味があるんでしょうか?」


                               「鬼太郎!!深く考えるな!」

                            「酔う事は、決して無いのじゃから・・・」

                                 「え??なんで!!」

                                 「ただのジュースじゃ」
by volnay1960 | 2012-07-08 20:58 | ワイン

春一番?というくらい、暖かくて風の強い一日でした。

a0197624_20263995.jpg


「まいどです~~。シェフいつもありがとうございます~~!!」

「慕瑠内さん、こちらこそこんな田舎にまで配達すいませんねえ」

「いえいえ、最近どうすか?」

「慕瑠内さん~!!聞いて下さい!キャンセル続出してるんです・・・」

「ええ!?何かあったんですか?」

「それが、皆様雪を心配して、大丈夫ですか?大雪なんですよね?、そう云われて・・・」

「は??、だって雪無いですよねえ」

「いや、ほらTVで長野県は連日大雪、大雪で大変ですって報道されているじゃないですか」

「あ!それって長野県民は全員スキーが得意って、勘違いされていたわたくしがいます・・・」

「え?慕瑠内さん、それって何のお話です」

「昔東京に居たとき、長野県は雪深い県だと、他の県の方に思われていたんです」

「ああ・・・わたくしも福島から来て、佐久は雪は降らないけど寒いところだと思いました」

「そう!シェフ!このあたりはスケートが盛んなところだったんです」

「へえ・・・いずれにしろ、アイスバーンで帰れなくなっても困るのでね」

「はあ・・・そうですねえ、無理に来ていただいてもねえ・・・」

「そういえば、このロゼと白2本ずつお願いします」

「え??これってフランスじゃないですよ?、お店では出せないですよ・・・」

「いや、慕瑠内さん。あんまり美味しいんで自分の晩酌用です」

「あ!それはすいません、ありがとうございます」


フレンチのシェフも認めるイタリアワインの巻でした。
by volnay1960 | 2012-02-23 20:45 | ワイン

流れよわが涙、と酒屋は言った

a0197624_20212085.jpg


「こんばんわ~!あ、慕瑠内さん、久しぶりです」

「あ、どうもどうもいつもお世話様です。フランスに行かれるって、それ以来っすよねえ」

「そう、シャンパーニュとブルゴーニュの生産者のこと訊きたかったのに、それっきりでしたから」

「すいませんでした。で?どうだったんすか?フランスは??」

「ランソンは楽しかったですよ!モエはマニュアル通りでダメ!」

「フンフン・・・」

「やっぱり深く質問すると、段々良いワイン出してくるあたりがフランスなんだなと・・・」

「あ、でも商売してる人間はよく解る対応かも、相手次第でお勧めする商品変えるし自分」

「出すお金以上の満足感与える商品を見つける楽しみが、うちら酒屋の楽しみかなあ・・・」

「慕瑠内さん、シャンパンは基本出荷する時、●●を△△△しているんですね」

「ハア?????エエエエエ!!!!何て言いました????」

「え?だから●●を△△△してるそうです、全部の生産者が多かれ少なかれ皆さんそうらしいです」

「エエエエエエエエエ!!!伏字にせざるを得ないじゃありませんか!」

流れよわが涙、そう酒屋は言わざるを得ない。

おまけ
by volnay1960 | 2012-01-18 20:53 | ワイン

最低の首相は菅か鳩山か?いや野田ではなかったのか!・・・と云うよりもフランスを見習うべきか?

a0197624_20462070.jpg


解禁日を明日に控え、いよいよ入荷しました!ボジョレヌーヴォー!!

で、これまでのボジョレヌーヴォーの評価であります。

95年「ここ数年で一番出来が良い」
96年「10年に1度の逸品」
97年「1976年以来の品質」
98年「10年に1度の当たり年」
99年「品質は昨年より良い」
00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
01年「ここ10年で最高」
02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
04年「香りが強く中々の出来栄え」
05年「ここ数年で最高」
06年「昨年同様良い出来栄え」
07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
09年「ここ50年で最高の出来」
10年「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」
11年「最高のミレジム。2009年より果実味に富んだリッチなワイン」 

コンビニで恵方巻を勧めるレベルではないか?なんて云われる始末であります。


「まいど~~!ボジョレをお届けにあがりました」(←飲食店さんには前日までには配達しています)

「あ~!慕瑠内さん、いよいよ来ましたね、ありがとうございます!今年の出来はどうなんですか?」(←ソムリエ)

「2005年以来の豊作らしいですよぉ」

「ねえねえ慕瑠内さん、今年のボジョレ800円で売ってる物もあるらしいじゃん?おたくのは幾らなの?」(←オーナーシェフ)

「2千ごにょごにょ円です・・・」(←うちのボジョレは、どちらかと云うと高額の部類に入ります)

「え~~~!!!」(←知っていてわざと驚く)

「もおー・・・シェフ・・・勘弁してくださいよぉ、毎年毎年同じ事言わないで下さいよぉ!!」

「ごめんごめん、季節の風物詩だもん。お互い辛いよねえ」

「ホント勘弁してくださいよぉ、日付が変わってからですからね!飲んでいいのは!!」

「え?そうなの?暗くなれば開けちゃって良いんじゃないの?」

「いやいやいや・・・事故責任でお願いします!!」





今年のお味に関しては、皆様の判断にお任せします。
以上現場からでした。
by volnay1960 | 2011-11-16 21:38 | ワイン