ブログトップ

愛と情けの日々

TV放映が無い時の国会での民主党議員の答弁はスンゴイ・・・

たまたまニコニコで、国会の生中継を見てたんだけどね。。。

岡田副総理の実家はイオンである。

消費税を上げるそうである。

前回3%から5%に消費税が上がる時に、酒類業界で話題になったことがある。

消費税での値上げにも拒否したのが、当時のジャスコだった記憶があります。

最終的には大手流通のビールの販売価格が、以前と変わらない価格で販売されて呆れたんです。

いったい消費税を上げることは、誰の利益になるのか当時疑問に思ったのでした。

こういった疑問に答えるマスコミは皆無のようです。

消費税反対を唱えると、国税局の査察が入るそうですね・・・

以上、イオンの提供でした。





a0197624_20291518.jpg


当店では販売していないので、わざわざ配達ついでにファミマで購入しました。

世界中でアルコール飲料はおおまかに、醸造酒と蒸留酒に分類されています。

リキュールなどの混成酒は、上記の派生酒だと思って下さい。

醸造酒というのは、ワインやら日本酒、そしてビールなどです。

蒸留酒というのは、焼酎、ブランデー、ウイスキーになります。

このエントリーのため現在の酒税法を確認すると、ビールは発砲性酒類に分類するという記述があり、

ちょっと、というかかなりショックを受けたのです。

理由は怖くて書けません。

そこでマッコリですが、当然醸造酒に分類されるんです。

乳酸菌由来のやさしい味わい、なんて書いてありますしね。

で、酒類区分を見てみます。

スピリッツ!!だそうです。

スピリッツの種類区分は、蒸留酒に入ります。

なにかおかしいと気付きます、ハイ。

次に、原材料に目を向けます。

米、米こうじ、小麦こうじ、糖類、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェルニルアラニン化合物)、炭酸ガス含有

糖類やら酸味料、おまけに甘味料が添加されていますね。

ということは発酵由来の乳酸菌は、このソウルマッコリの中には無いと思ったほうがよいですね。

ウィキで確認してみたら、更に驚愕しました。

お米やら小麦など原材料のほとんどを、米国と中国からの輸入に頼っているようです。

本来のどぶろくに似たマッコリとは、似ても似つかないもののようです。

こんな危険なものは、当然販売できません。

わたくし、ブログではネガティブなエントリーは、なるべくしないよう心がけています。

今回のエントリーは命がけです。

このブログのエントリーが停止した時は、皆様にも危険が及ぶと思って下さい。




追伸、コメントはしないで下さい。    慕瑠内
[PR]
by volnay1960 | 2012-02-13 21:01

ワイン 日本酒